ゲームギアの買取

ゲームギアやソニックザヘッジホッグの買取ならどこがいい??

ゲームギアやソニックザヘッジホッグの買取におススメなのは?

 

私の家に最初に来たゲーム機が、父親の買ってきたゲームギアでした。ゲームギアはセガが出した携帯型ゲーム機です。

 

なんと1990年の発売にもかかわらずバックライトのカラー液晶を搭載した携帯ゲーム機でした。同時期に発売されていたゲームボーイは白黒で、またバックライトも無いため暗いところではプレイできず、親から隠れて布団の中で夜中にこっそり遊ぶという芸当ができた携帯型ゲーム機でした。

 

 

ただ技術的な制約を多分に受けて、ゲームボーイと比べるとサイズはとても大きいものでした。またバッテリーも大食いで携帯して遊ぶには一度に単三電池が六本も要るというデメリットもありました。当時小学生だった私には電池代を出すことができず、アダプターが必須でした。

 

 

一番はまったのはソニック・ザ・ヘッジホッグ2!

 

 

私が遊んでいたソフトは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』。セガの看板キャラクターである青いハリネズミの冒険です。マリオと同じく2Dのスクロールゲームでしたが、マリオには無い疾走感がありました。

 

 

 

当時、これにはまった私は、昼夜を問わずプレイしていました。前述したとおり親が寝静まった夜中に起きて、布団にもぐってこっそりと遊んでいました。

 

 

そんなゲームギアも、程なくして使用不可能となります。アダプターを接続する端子がゆがんで接触不良を起こし、少し動いただけで電源が切れるようになってしまったからでした。

 

こうして、当時の私のゲームギアのプレイは一時的に終わりを告げたのです。それから、十数年後。色々なゲーム機のゲームをプレイしてゲームギアの存在を忘れていた時にたまたま中古のゲームショップでシャンク品のゲームギアを発見しました。

 

 

その値段はたったの千円。細かい傷意外は問題ないように見え、私は少し悩んだ末にそれを購入しました。家に戻って、当時のアダプターとソフトを探し、すんなり見つかったそれらをセットして、電源を入れます。

 

「セーガー」という、もうとんと聞かなくなってしまったおなじみのフレーズが流れます。程なくして青いハリネズミが画面を駆け回り、懐かしさとともに、私はつかの間、部屋が暗くなっていることにも気づかずにプレイに没頭していました。

 

 

ゲームギアやソニックザヘッジホッグの買取ならどこ?

 

そんな私にとっては思い出のゲームギアですが、人によっては押入れに入ったまま「そろそろ処分したい」と考えている方もいるかもしれません。そんな方にお勧めなのがこちら。

 

ヤマトク

ゲームギアの買取!一番おススメなのはどこ!?

 

 

上のページでヤマトクという、ファミコンやネオジオ、メガドライブにゲームギアといった古いゲームを専門に買取っているサービスをご紹介していますのでゲームギアを売りたいという方は確認してみてください。

 

全国どこからでも買取可能な宅配買取という買取方法を採用していますので、住んでいる場所に関係なく買取可能なのもおススメの理由の一つですね。参考にしていただければ幸いです。